プロフィール

ワイス・ワイス

Author:ワイス・ワイス
私たちワイス・ワイスが企業活動を展開する上で、もっとも大切にしているのは「Balance & Comfort – バランスと快適性」です。

ワイス・ワイスでは、1996年の設立以来、一貫して「心地よさの本質を考える」「次世代のことを考える」「もの、こころを大切にする」という3つの精神をかかげ、自らがそれらを大切にしながらそれぞれの活動を進めてきました。

そしてこれからも、物質的、経済的な豊かさだけでなく、思いやりと愛にあふれた、本当の意味での「豊かな社会」を実現するために活動を続けていきたいと考えています。

商品やサービスをお客様に提供するだけでなく、それを支えるコミュニケーションを大切にする企業であること。さらに、人の生活の基盤である衣・食・住をはじめ、人の心や身体、文化、知識、情報など、あらゆる面から「バランスと快適性」を考え追求していくコミュニケーション企業を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

96

今、わたしたちにできること

早いもので、昨日であの震災から1か月が経過しました。

昨日も東日本では大きな余震があり、まだまだ予断を許さない状況が続いています。
テレビやネットから流れる津波の映像などに心を痛め、
買い物の仕方、エネルギーについて、電力をなるべく消費しない街のあり方にまで・・・
色々と改めて考えることの多い1か月でした。


震災で被災された方、ご家族が被害にあわれた方へお悔やみを申し上げるとともに
一刻も早く被災地の皆さまが日常を取り戻せるよう、心よりお祈りを申し上げます。

ライフスタイルショップ「ワイス・ワイス表参道」「ワイス・ワイス トゥールス」は、
一刻も早く「普通の暮らし」が戻ることを願って、仕事を通じて経済貢献をする
「BUY東北」運動から被災地域の経済復興を応援することにいたしました。

「BUY東北」とは、東北で生まれ、作られる製品をできるだけ購買・販売することで
東北地方の経済活動を元気付けよう、という運動です。

様々な資源とものづくりの産地である東北地方は、私たちの暮らしを支えてきたといっても過言ではありません。
当社でいつもお世話になっている東北の工場や工房も今回の震災で少なくない被害を受けました。
東北地方の歴史と風土が育んだクラフトマンシップと高い技術水準で、ワイス・ワイスを育てていただいた会社ばかりです。


北奥羽(秋田・青森・岩手県域)のクリ材無垢材を使用し、そして山形県を主体とする工場にて製作をした
SATOYAMA,FOREST,AKII-はそれらの代表的な商品です。
国産木材を積極的に使うことで日本の森林を守りつつ、国内工場に仕事を発注することにより、
伝統の高い木工技術をしっかりと継承するものづくりに取り組んでいます。

SATOYAMA02.jpg

画像)SATOYAMAサイドチェア/SATOYAMA ダイニングテーブル
東北産のクリ集成材を使用

こうした東北産の家具・雑貨の積極的な販売を通して被災地域の一過性ではない経済復興に協力したいと願っています。

また、売上の一部を被災地支援活動を行うNPO・NGOを応援する「Think the Earth基金」に寄付いたします。
「エコロジーとエコノミーの共存」をテーマに2001年に発足したNPO「Think the Earthプロジェクト」を通じ
報道機関等で伝えられない実績のある支援活動団体へ寄付、被災地で志と機動力を持って活動する
現場豊富な経験を積んだプロフェッショナルな団体を応援致します。


<寄付先候補団体>
特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会【医療支援】
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会【生活・物資支援、ボランティアコーディネート】
国際交流NGO ピースボート【生活・物資支援、ボランティアコーディネート】
RQ市民災害救援センター【生活・物資支援、ボランティアコーディネート、被災者受け入れ】
国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン【生活・物資支援、子ども支援】


私たちができることはとてもささやかなことですが、暮らしの形を大きく揺るがせたこの震災を気づきとし、
生活の中のひとつひとつの出来事を大切に、身の回りの環境への配慮を忘れない、そんなライフスタイルがもっと広がりますように・・・暮らしの道具を通して伝えていけたらと思っています。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。